痩身できる服

「水着でも着やせテクニックを使おう」のページです。

ページの先頭へ戻る

水着でも着やせテクニックを使おう水着でも着やせテクニックを使おう

『水着でも着やせテクニックを使おう』

水着でも当然、着やせテクニックがあります。

まず、選ぶべき水着は、ワンピースタイプではありません。おなかがポッコリしているなど、体形に自信のない人ほど選んでしまいます。が、これは全く逆です。

体のラインがよりはっきりと出てしまいます。

正解はセパレートタイプです。出してしまったほうが目おなかのポッコリなどは目立たないのです。ビキニは決してプロポーションに自信のある人のための水着ではありません。これをしっかりと押さえておきましょう。

また、どうしてもビキニを避けたい人は、タンキニという選択肢もあります。上半身がタンクトップになっているセパレートタイプです。

で、このセパレートタイプを選んだ時の必須(ひっす)アイテムがパレオです。おなかのポッコリ、おしりの垂れ下がり、太ももの太さなど、自分で弱点と思っているところがあれば、このパレオで隠します。

ただし、あまり大きいものは、出すべきところまで隠してしまいます。小さめのものを選びましょう。また、素材はふわっとしたものの方が、隠したい体のラインを目立たなくしてくれます。

飾りがついているようなパレオもやめましょう。せっかく目立たなくしたい体の部位なのに、視線が集中してしまいます。

もちろん、色も大事です。これは普通の服を選ぶ時と一緒です。暖色系は太って見え、寒色系は引き締まって見えます。黒、ブルー、茶色などがおすすめです。

また、無地と柄物では柄物。柄物の中でも細かいよりは大きな柄を選ぶと、目線がそこに引きつけられ、体のラインの弱点が目立ちません。

Copyright (c) 2014 痩身できる服 All rights reserved.